洗車

【半年レビュー】オプション「おくだけ充電」のメリット&デメリット

  1. HOME >
  2. 洗車 >

【半年レビュー】オプション「おくだけ充電」のメリット&デメリット

こんにちは、りっきーブログを運営しているりっきーです。

今回は新車購入時のオプション装備「置くだけ充電」について紹介をしていきます。

新車を購入するときのオプション選びの時間ってとっても楽しいですよね。

これから数年間パートナーとなる車にどんな装備をしてあげるか...結構悩んでしまいます。

 

今回の記事ではそんな皆さんに向けて、オプション「置くだけ充電」愛車RAV4で半年間使用したみた感想を紹介していきます。

おくだけ充電の使用感はどうなの?

結局必要?必要なかった?

こんな疑問にお答えしていくので、ぜひ最後まで見ていってください!

置くだけ充電とは

「おくだけ充電」は現在TOYOTAやLEXUSで販売されている新車購入のオプション装備です。

QI(チー)という機能を使い、スマホを充電エリアに置くだけでワイヤレスで自動充電がされるという優れものです。

現代の必需品であるスマホをストレスフリーで簡単に充電ができることがポイントですね。

Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている。 (引用:wikipedia)

おくだけ充電の詳しい仕組み

おくだけ充電の仕組みが知りたい方へ向けて、わかりやすかった記事を抜粋しておきました。

さらに詳しく知りたい!

という場合には「おくだけ充電仕組み」で検索すると携帯会社などのページが出てくるので見てみてください。

 

近年、USBコネクターに充電ケーブルを挿さなくてもスマホの充電ができる技術が登場しました。それが、スマホをポンと置くだけで充電ができる「ワイヤレス充電」という仕組みです。では、具体的にどのような仕組みで充電が行われるのでしょうか。

ワイヤレス充電に対応したGalaxyでは、ワイヤレス充電器の充電パッド部分に端末の背面を接地させるだけで、自動的に充電をスタートします。ワイヤレス充電器とGalaxyスマートフォンにはそれぞれに給電、充電用のコイルが内蔵されており、両者が接触することで電気が流れるのです。もちろん、両者が離れれば電気はすぐに流れなくなるので、ユーザーが感電する心配はありません。こうした充電方式は「Qi(チー)」という国際規格として確立しており、Galaxyではいち早くこの規格を取り入れています。(Galaxy wireless Charger より抜粋https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/galaxy-wireless-charger/?cid=jp_ppc_yahoo_c01_auto_DSA_04_20191105

おくだけ充電の良いところ

ではここからは「おくだけ充電」を半年間使ってみて感じたメリットについて紹介をしていきます。

 

ハイテク感がたまらない

まずはコレですよね(笑)

「この車にはこんなかっこいい機能があるんだぜ」

っていう優越感があります。

この最新の機能はオプション採用されている車はまだまだ少ないです。

僕が聞いたことがあるのは

TOYOTA

LEXUS

BMW

PEUGEOT

ぐらいですね。

ですのではじめて助手席に彼女や友達を乗せた時には驚かれること間違いなしです。

一見しょうもない理由な気もしますが、これは装備する理由にしっかりなると思いますよ! 車はカッコつけてナンボです!

 

ケーブルいらずなのですっきりしていて見栄えがいい

これは僕的には大きいメリットかなと思っています。

充電ケーブルが必要ないので、センターコンソール付近がごちゃごちゃすることがなく見栄えがいいです。

僕は車内はあまりモノを置いたりせず綺麗にスマートにしておきたいタイプなので、今まで気になっていた白い充電ケーブルがなくて済むのは非常に助かりました。

しかもこの「置くだけ充電」自体が正規オプションのため車内の雰囲気に合うようにかっこよく装飾されているので、デザイン面でメリットがあったなと思っています。

上の写真のオレンジの際色が入った充電エリア...カッコよくて気に入ってます!

 

携帯の置き場所に困らない

これはまあ、大きなメリット!ってわけにはなりませんが使っていて感じることですね。

車に乗るときってスマホの置き場所って困りませんか?

サイドポケットにはサイズが合わなくて入らないし、ズボンのポッケにいれっぱだと取り出しにくくて使いたいとき不便だし...

そんな感じで今までは近くのドリンクホルダーとかに適当に突っ込んでいたんですね。

ですが「おくだけ充電」が」ついてからはスマホを置くための場所が確保されたので、かつてのほんの少しのストレスからは解放されました。

メリットって感じではありませんがザ・使用感って感じのコメントでした。

おくだけ充電の悪いところ

それではここからは「おくだけ充電」を半年間使って分かったデメリットについて解説をしていきます。

 

スマホを充電しながら使えない

これは買ってから気づいたんですが結構不便でしたね。

スマホが充電エリアから離れると充電ができないため、スマホを使用する際には一回充電を切る必要があるんです。

運転しているときはスマホは使わないのでいいんですが、コンビニや駐車場で少し時間をつぶすときにこれが出来ないのは結構不便だなと思いました。

ですので結局現在はスマホと充電を同時にしたいとき用にケーブルを用意しています。

 

一台しか充電できない

これも結構使い勝手が悪い点でした。

そもそもこういうモノなのか、はたまた車種にもよるのかもしれませんが、スペース的に充電エリアには携帯が一台しか置けません。

一人で乗っている分には何ら問題はありません。

ですが助手席の人も充電がしたいときには、写真のように結局ケーブルも使うことになります。

これはかなりもったいない点かなと思いました。

もしかしたら車種によって二台置くスペースが確保されている場合もあるので、気になる方は確認をしてみるのがいいかと思います。

【結論】「置くだけ充電」はいる?

半年間使ってみての結論です。

「おくだけ充電」は

ココがポイント

付けるのがおすすめだけど優先度は低め

という評価になりました。

付けることのメリットはたくさんありますし、デメリットはあっても場合によって従来通りケーブルを使ってあげれば解決します。

ですので付けるに越したことはないのですが、僕的には優先度はほかのオプションよりは低くていいかなぐらいだと判断しました。

最後に

以上が「おくだけ充電」のレビュー記事でした。

公式さんや業者によるおすすめ記事ではなく、僕が半年間実際に使ってみたリアルな感想を綴ったつもりです。

メリット&デメリット含めて、この記事がオプション購入を検討している方や迷っている方の参考に少しでもなっていたらうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-洗車

Copyright© RICKY CARLIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.