洗車

【スタンド店員が教える】洗車機の正しい使い方!洗車傷やおすすめコースについても詳しく説明

  1. HOME >
  2. 洗車 >

【スタンド店員が教える】洗車機の正しい使い方!洗車傷やおすすめコースについても詳しく説明

 

こんにちは、りっきーブログを運営しているりっきーです。

このページでは現在大手ガソリンスタンドでスタッフをしている僕が「ドライブスルー洗車機」の正しい使い方について紹介をしていきます。

 

洗車機は洗車傷がつくっていうから不安!

プロの洗車機の使い方が知りたい!

 

こんな皆さんの声に応えて記事を書いていくので、是非最後まで見ていってください!

 

洗車傷はやっぱり付きやすい?

 

 

まずは皆さんのドライブスルー洗車機の1番不安なところ

「洗車傷」が付くかどうか

についてお話しします。

 

結論から言うと

今の洗車機は正しい使い方をすればクルマに洗車傷はほとんど付きません。

現代の洗車機はどんどんと進化しているので、今1番稼働数が多い一般的な柔らかいブラシ付きの洗車機は傷はほとんど付きません

 

 

今全国で稼働しているブラシ付きの洗車機が上の写真です。

素材は「ウレタン」というものを使っています。 とても柔らかくしなやかな素材で、これが当たることによって傷がつくことはほぼありません。

他には不繊維のブラシを使用しているところもちらほらありますが、それもウレタンと同様に柔らかい素材なのでぶつかる事によって傷がつくことはほとんどありません。

 

また近年ではENEOS(エネオス)さんなどでノンブラシの水圧だけで汚れを落とす洗車機も稼働しはじめているため

今までの傷がつくという洗車機のイメージは覆される時が来たと言ってもいいでしょう。

 

もし傷がつく可能性があるとしたら原因は洗車の前後

 

それでも何回も使ってるうちに洗車傷が少し付いてしまったように感じるという場合には

原因は洗車機ではなく洗車機に入れる前後にある可能性があります。

 

ここでは車に傷が付いてしまう可能性のあるパターンを2つ紹介します。

 

頑固な泥汚れを落とさずに洗車機に入れてしまうケース

 

f:id:ricky13f:20200409231229j:image

 

まず一つ目は、しつこい泥汚れや砂汚れが付いたままの車をそのまま洗車機に入れてしまうことで傷がつく可能性があるケースです。

砂まみれや泥まみれのまま車を洗車機に入れると、流れ落ちない砂や泥の粒子がブラシによってボディに擦り付けられてしまうため傷が付く原因になります。

軽い砂やほこりなんかは水とブラシで簡単に流れてしまうためボディに擦り付けられ傷を付けるというリスクはほぼありませんが、ひどい汚れのものを入れると汚れが流れずに擦られてしまうため傷がつくリスクがあります。

 

 

そこでこのリスクを回避するために、汚れがひどい車はほとんどの洗車機のすぐ近くに設置してある水道、ホースで泥汚れを落としてから洗車機に入れましょう。

洗車の前に自分でクルマ全体を軽く流し、足回りの汚れやすい部分は入念に流しておくことで洗車傷のリスクを防ぐことができます。

 

洗車後の拭き上げで傷を付けてしまうケース

 

f:id:ricky13f:20200409232752j:image

 

こちらはどんな車でもかなり気をつけなければいけないケースです。

拭き上げのときにタオルにゴミを巻き込んで拭いてしまうと、ボディに傷をつける原因になります。

 

ですので拭き上げをする場所が屋外で、風の強い日などは粒子が付着しやすいため洗車はお勧めしません。

 

またいくら洗車機に入れたとはいえ、手洗いとは違い所詮は機械による洗車なのでボディの汚れは完全には落ちきっているとは断言できません。

ですのでボディに付着したままの粒子を拭き上げで擦り付けることのないよう

タオルはなるべく柔らかいマイクロファイバーなどの素材のものなどを使用することでリスクを下げることができます。

 

ドライブスルー洗車機の正しい使い方

 

それではここからは正しいドライブスルー洗車機の使い方を順序に沿って紹介していきます。

簡単な4ステップだけなので是非覚えていって下さい!

 

step
1
洗車前にボディ・足回りの汚れをなるべく落とす

 

f:id:ricky13f:20200409231229j:image

 

洗車前に落とせる泥汚れや砂汚れを出来る限り落としておきます。

まずはほとんどの洗車機のすぐそばに常備してあるホースを使い、車の上部から全体に水をかけ小さな砂や埃を落とします。

続いてボディ下部やホイール付近は汚れが付きやすいので、水圧を強めたりブラシを使ったりして洗います。ひどい場合には家で流して来る!

 

step
2
ミラーをたたみ洗車機へ入れる

 

f:id:ricky13f:20200409233901j:image

 

洗車機に入れます。

このときミラーをたたむのを忘れないように!

ぶつかってバキッと折れたりすることはないと思いますが、うまく洗えない可能性があります。

 

僕は車内からブラシで車が洗われる様子を見ているのが結構好きです。

至福タイム。

 

step
3
乾く前に柔らかいタオルで拭き上げ

 

f:id:ricky13f:20200409232752j:image

 

洗車が終わったらすぐに拭き上げに入ります。

止める場所はなるべく日陰がいいです。

なぜなら水滴が乾いてしまうと、そこが水ジミになり跡になって残ってしまうからです。スピード勝負でいきます。

 

このとき使うタオルはボディを傷つけないようなるべく柔らかいマイクロファイバーなどの素材を使いましょう。

 

step
4
タイヤワックスやガラスコーティング等をして終わり

 

f:id:ricky13f:20200409234019j:image

 

最後に綺麗になった状態の車にタイヤワックスを塗布したり、ガラスに撥水コーティングをしたりして終了です。

タイヤにタイヤワックスを定期的に塗ってあげることでひび割れなどを予防し、寿命を延ばすことにつながります。 またガラスには撥水コートを塗布してあげることで、雨の日のドライブを快適にすることが出来ます。

どちらも汚れのついていない綺麗な状態のときに施工するものなので、洗車のついでにやってあげるのがおすすめです。

 

ここまでの流れを守れば洗車傷はほとんど付きません!いつまでも綺麗な車でいましょう(=゚ω゚)ノ

 

洗車のおすすめコースについて

 

 

洗車機にはコースのメニューがいくつかあります。

ガソリンスタンドの洗車機の種類によりますが、大まかには安い順にシャンプー洗車、撥水、ワックス、ポリマーといった感じですね。

 

僕のおすすめのコースの選び方は

ちょっと汚れたから洗おうぐらいの日常的な洗車には拭き上げのラクな「シャンプー洗車」を。 一か月に一回ぐらいで「ポリマー」などの高いコースでコーティングしてあげピカピカにする。

という使い方になります。

 

この使い方の理由は、高いコースを短い期間に何回もやる必要はないからです。

 

まずポリマーやワックス系のコーティングは、モノにもよりますがだいたい1か月半ぐらいは持続します。

ですので頻繁にかけてあげる必要はないんですね。

また

短いスパンで何回も重ね掛けしてやることでよりピカピカになるのか?

というよくある疑問ですが、これに関しては「NO」です。

洗車機に使われているワックスやポリマーのほとんどが「油」がベースなので、ガラスコーティングのように重ねれば重ねるほど層が厚くなりきれいになる、といったものではありません。

むしろギラギラとした光沢が出てしまう可能性があるためやりすぎには注意が必要です。

 

高いコースを毎回使えばいいという訳ではないのがポイントです!

 

最後に

 

洗車機の正しい使い方は以上になります。

今回の記事を書こうと思った背景は

今の洗車機は洗車傷がつくのか?

といった疑問を自分もスタンドで働く前までずっと抱えていたからです。

 

ネットにある記事はなかなか本気でこのテーマについて言及をしている記事がなかったので、今回僕が得た知識をみなさんに共有したいと思い執筆させてもらいました。

この記事がぜひ読んでくれているみなさんの役に立っていればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^ - ^

-洗車

Copyright© RICKY CARLIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.